世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
パプアニューギニア・マダン
 
2017/11/01   海のお花畑


マダンではよく水中でこんな花が咲いています。

ウミアザミの仲間だそうで、正式な名前はまだわかりません。
珍しいと言って写真を撮る方も多いです。

何かマクロの被写体と撮ってみたいし、紹介したいのですが、
なかなかそういったシチュエーションに出会えません。

マダンのポイントではどこでもウミアザミは群生しているので、
もっと真剣に探せばそういうシチュエーションのカットはいくらでも
撮れそう。

ってもう来週には日本に一時帰国してしまいますけどね。

帰って来たら撮影に行って来ます!

パプアニューギニア・マダンリゾート

ニューギニダイブアドベンチャーズ

TAKA
 
 


2017/10/28   濁ってもマダン!

(1)セックパッセージ
(2)バラクーダポイント

透明度
(1)5-20m
(2)5-10m

水温29℃

波 べた凪

流れ
(1)なし
(2)強




昨晩も大雨になりましたが、今朝はスッキリと晴れて視界も良好。そしてべた凪。

セックパッセージでは水面5mはニゴニゴでしたが、下は20mほど抜けていて、

チャネルにはユメウメイロ、ササムロ、ハナタカサゴがどっさり群れて、大型のフエダイもそこに混ざって、しかもあんまり動かない!

ずーっと群れをみていられるような、動画に最適な景観でした。


2本目のバラクーダポイントは濁っていましたが流れが強く、これはいるな!と確信が持てました。

予想通り、ギンバラのお出まし!



あんまり落ち着かず、ちょこちょこと動き回っていましたが、ある程度は近づけました。

10-11月は雨季だと聞いて、避ける人も多いと思いますが、べた凪だし、群れを独り占めできるのでおすすめできるシーズンです。

雨を恐れず、来てみてください。


パプアニューギニア・マダンリゾート
ニューギニダイブアドベンチャーズ
TAKA
 
 


2017/10/27   タマカイ再来!

(1)マジックパッセージ
(2)バラクーダポイント

透明度
(1)10m
(2)20m

水温29℃

波 小

流れ
(1)なし
(2)なし



夜中に土砂降りがあり、海が濁ってしまうんじゃないか心配でしたが、透明度はまだ大丈夫でした!

今日はバラクーダポイントでギンガメに巻かれて来ました〜

バラクーダポイントで出る群れはみんな逃げない写真も動画も撮りやすい!群れにも突っ込み放題です(笑)

魚影は濃い!混雑もしてない!

べた凪だし、流れもない。透明度は乾季の方が良いですが、

快適に魚影を楽しむなら今の時期がおすすめです。

あと歩くサメを見るのもこの時期おすすめ。乾季(5~9月)では海が荒れてポイントに行けない日が結構ありますが、これからの時期(10~4月)はほぼべた凪なので、ナイトに安心してボート出せます。



雨季でもちゃんと大物出てます。

先日超レアな1.5mくらいのタマカイがセックパッセージに現れました!

お客さんから動画をいただきました。



1.5mってタマカイにしてはそんなに大きくないじゃんって思うかもしれないですが、

長さよりも太さが衝撃的!丸々太ってて最初は牛かと思いました。

多分8月にも出てやつと同じ個体ですね。

今回はたくさんのギンガメを引き連れるほどの貫禄でしたよ〜



パプアニューギニア・マダンリゾート
ニューギニダイブアドベンチャーズ
TAKA
 
 


2017/10/12   いちごパンツで溢れてる

もちろん部屋の中ではなく、海の中の話。
タイトルをダイレクトに捉えると下着泥棒常習犯疑惑です。

桟橋下はゴミの多い泥地で透明度よくないのですが、
それとは裏腹にサンゴがめちゃくちゃ元気なんです。
水温も高いのになんでこんな場所に?って思うくらいで、
場所によってはフィンの置き場がないくらい。

サンゴの間には年中テンジクダイで溢れてます。
人気者のマンジュウイシモチもイヤってほどいます(笑)

マンジュウイシモチが見たくて〜とリクエストされるゲストも大喜び!
というかいっぱいいすぎてびっくりです。

小さいのは綺麗ないちごパンツだけど、大人になると汚いパンツになります。

まぁ群れてるのはみんな汚いいちごパンツなので、
全くフォトジェニックではないんですけれど。

雨季の方が幼魚を頻繁に見ることができるのでおすすめです。

まだパンツさえ履いていません!

水温29度まで上がってきたので長時間潜って粘っても寒くないので
いい時期ですよ〜


パプアニューギニア・マダンリゾート
ニューギニダイブアドベンチャーズ
TAKA


via Niugini Dive Adventures/ニューギニダイブアドベンチャーズ
Your own website,
Ameba Ownd
 
 


2017/10/11   泥地の星

久しぶりに桟橋下で泥んこダイブ

ブリーフィングノートに載せるため、まだ撮ったことのない生物を撮りに行ってきました。

桟橋下はもう何度も潜っていますが、こいつは初めて見ました。


フタホシタカノハハゼ

深場にいるハゼと記憶していたのですが、今日見つけたのは15m。思っていたより浅いところで見つかりました。

肉眼で見るとかなり地味なハゼなんですけど、ストロボ当てて撮ると見ての通りヒレが綺麗なんです!

威嚇してヒレを全開にしたところブルーのラインが輝くまさに泥地の星!

検索するとよく黄化個体が出てきますが、今日見たところには黄色い個体はいませんでした。

画像検索かけてもでみて、他の個体と比べると、ここのはブルーラインが一際派手です!

今後ゲストが少ないので、しばらくマクロネタが続きます・・・(笑)
 
 




  山口 高宏
パプアニューギニア・マダン






パプアニューギニア・マダンでのダイビング


«  2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 ○過去の情報
  2017年11月
2017年10月
2017年9月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。