世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
パプアニューギニア・マダン
 
2019/03/15   Dallman Passage



だんだんと水温が上がっているマダン。現在は29度まで上がりました。3週間前は26度だったんですけど…。変化の激しいエリアです。

水温が上がってくると、出てくるのがデニスピグミーシーホース。自分で初めてピグミーを見つけた同じ場所、Dallman Passageの水深26mのウミウチワに復活してました。その時の感動を思い出しました。

でもパプアニューギニアのピグミーは比較的浅いところにいます。ハウスリーフの26mは深い方で、マジックパッセージなら20mでいた実績あるので、きっとマジックパッセージにもピグミーは復活しているはず!



浅場に戻ると、スポッテットローコーラルブレニー。全然映えないところにいるけど(笑)、これでも北部パプアニューギニア固有種。
マダンでもハウスリーフとb-25の2か所でしか見れない稀種。エントリーしてすぐのところにいます。

といった感じでスタッフのピーターに紹介しておきました(笑)


パプアニューギニア・マダンリゾート
ニューギニダイブアドベンチャーズ
Taka
 
 


2019/03/12   ヤミロンベイ

ハウスリーフのヤミロンベイはマクロの宝庫。昨日のブログで書いたゴルゴニアンシュリンプなどは深場にいるのですが、今日は浅場で見られる魚を紹介。みんな5mぐらいで見られます。

マンジュウイシモチの幼魚は2月に水温下がったので、いなくなってましたが、水温が戻ってからはまた復活してました。



まだ赤いイチゴパンツさえはいていない幼魚。雨季限定です!

こちらは日本でいうイシヨウジですが、なんか違う気がする。別種のNetwork Pipefish な気もします。



浅瀬に行くとたくさんいます。顔が面白いですよね。なんか難しそうな表情をしてます。ちなみにマダンリゾートのレストランの水槽でも飼っています。

コンビクトフィッシュの幼魚です。
コンビクトとは囚人を意味して、成魚の体の横縞模様を囚人服に例えているそうです。



パプアニューギニア海域でよく見られる魚らしいのですが、成魚を一度も見たことがありません。幼魚はゴンズイかのように玉で群れますが、成魚は巣穴に入ってなかなか姿を現さないんです。生態があまりわかってないと言われてるほどですから、昼も夜も巣の外に出ないのでしょう。巣穴は近くにあるはずなので、探し当てたいところです。

パプアニューギニア・マダンリゾート
ニューギニダイブアドベンチャーズ
Taka
 
 


2019/03/11   3/10のマダン



(1)ヤミロンベイ

透明度
(1)5m

水温29℃

波 なし

流れ
(1)なし

前に紹介しました「ゴルゴニアンの何匹いるでしょうか?」ってくらいゴルゴニアンシュリンプがブラックコーラルのそこらじゅうにくっついていたあの衝撃的な写真。

最近同じ場所に行ってみたところ、残念なことにあのブラックコーラルは既にご臨終でした…。



ポリプを食べ尽くされたようだったので、まだゴルゴニアンシュリンプはどこかにいるはずと思い、今日探してきました。

心当たりあるブラックコーラルの場所に行くといました!

2尾並んでくっついていました。水深は20mで、深すぎずいい場所にいてくれました。

そしてもう一箇所見つけました。



ここのはデカかった!
10cmくらいあったかな〜
しかも1尾だけじゃなく、他2〜3尾はいました。水深25mで少し深かったので、あまりじっくりは探してませんが、まだいるはず。

他にもムチカラマツエビやイボイソバナガニも同じところに付いていたので、エビカニ好きにたまらないですね!



1本だけ潜りましたが、1回のブログでは伝えきれないほどいろいろ発見してきたので、続きはまた次回!


パプアニューギニア・マダンリゾート
ニューギニダイブアドベンチャーズ
Taka
 
 


2019/03/07   3/5のマダン



(1)Lamsang Reef

透明度 : (1)20m

水温 : 28℃

波 : なし
流れ : (1)弱


昨年新しく見つけたポイント、Lamsang Reef をフィジー人イントラNacaに教えようと思って潜りました。
ちょうど透明度が良くなっている時だったので教える良いチャンスでした。いい印象を持ってもらわないと今後行こうと思ってもらえませんからね。

水深5mのリーフが30mまでなだらかに長く続くリーフなんですが、人が今までほぼ潜ってないし、ローカルの人にもわからないリーフなので、景観からして手つかずなことがわかります。



ウメイロ系もシャワーのように降ってくるし、ソフトコーラルが生い茂ってるところにはテンジクダイ系がびっしり!乾季はこんな魚影濃くなかったから驚きました。
他にもロウニンアジやカムリブダイ、ツバメウオなど見られる魚の種類が他のポイントよりも豊富!まさにパラダイス!


いつもはここに唯一の大物、どでかいナースシャークが寝てるのですが、今日は留守。ナースシャークが見れなくても、Nacaはあまりのポイントの綺麗さに「なんでもっと早く教えてくれなかったんだ!」と感動してたので、この感動をゲストにも伝えてくれるでしょう!

パプアニューギニア・マダン
ニューギニダイブアドベンチャーズ
Taka
 
 


2019/03/06   3/4のマダン



(1)Barracuda Point
(2)Pig Passage

透明度
(1)20m
(2)20m

水温28℃

波なし

流れ
(1)強
(2)中

かなり久しぶりのブログとなりました。
2月の後半からマダンはほとんど雨が降らず、いい天気が続いたおかげで透明度が上がっております!
雨季の中でも、一時的な雨が降らなくなるとなる2月後半から3月にかけてはベストシーズンと言ってもいいぐらいです。
ちょうど潮がカミングインになっていたのでバラクーダポイントへ行ってみたら、いつぶりだろう?こんなに群れるギンバラ!



バラクーダポイントはリゾートから10分ほどのポイント。こんな陸の近くでこんな群れが見られるなんて、世界的にも珍しいのでは?


パプアニューギニア・マダンリゾート
ニューギニダイブアドベンチャーズ
Taka
 
 




  山口 高宏
パプアニューギニア・マダン






パプアニューギニア・マダンでのダイビング


«  2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 ○過去の情報
  2019年3月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。