世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
ニューカレドニア・ヌメア
 
2019/05/08   タブー



非常に動きが早いベラの仲間『ラインドフェアリーラス』
名前の通り非常にきれいな色彩をした固有種です。通常はオス1匹にメスが数匹でハレムでいるのが通常でしたが、どうやらなにか異変が起きたようでメスがおらずオス一匹になっていました。



メスがいないせいか活力がなくサンゴの隙間に隠れている時間が長く時折姿を見せてもご覧の通り逃げる気配なし。(普段はこんな表情は撮れません。)
ちょっと遠くで観察しているとばっちりと決まった婚姻色になりました。



婚姻色のオス?

もちろん他種にはアピールはしておりません。
いまなら水深12mで生息中なのでじっくり撮れます。

天候 晴れ
風 E 10kt/h
月齢 中潮3.1
波高 0.5m
流れ 0.15kt/h
気温 25℃
水温 25℃
干潮 04h07 0.55m / 16h11 0.25m
満潮 09h51 1.35m / 22h46 1.55m
 
 


2019/05/07   セシュ・クロワッサン



深場にいるはずの子が浅場で見つかりました。



ディープウォーターラス
(Deepwater wrasse)
Cirrhilabrus bathyphilus Randall & Nagareda, 2002

生息域が水深60m以深とされてます。(ブーラリアウトでは20mに生息)そんなこともあっての名前かと思いますが、名前にそぐわない浅さでした。
水深なんと驚きの8m!!減圧なしで遊べます。他にもラインドフェアリーラス、ドッテドラスもおりますので1本浅瀬でベラダイブ可能です。

天候 晴れ
風 SE 5kt/h
月齢 2.1(大潮)
波高 0.5m
流れ 0.2kt/h
気温 26℃
水温 25℃
干潮 03h26 0.53m / 15h35 0.24m
満潮 09h15 1.41m / 22h04 1.56m
 
 


2019/04/24   テパバ



ヌメアにいることはわかっていましたが、初見です。頭からツノが生えているハコフグの仲間のコンゴウフグ。薄黄色で体長15センチくらいの大きな個体が水深19mの砂地で休んでおりました。まさかの出会いに水中で叫んだのは言うまでもありません。水族館の知り合い曰くシトロン湾には幼魚がいるそうです!



ここ最近、水深20m前後の牧草地にはアオモンモウミウシ、ケショウハゼ、ササハゼなど、いままで発見できていなかった生物が目白押しです。特にアオモンモウミウシを見つけたときの快感は爽快です。気になる方はぜひリクエストしてみてください。

天候 晴れ
風 ESE 15kt/h
月齢 18.7(中潮)
波高 1.5m
流れ 0.1kt/h
気温 24℃
水温 25℃
干潮 04h52 0.64m / 16h42 0.37m
満潮 10h18 1.31m / 23h22 1.43m
 
 


2019/04/06   パス・ドゥ・ブーラリ・アウト



一昨年から生息していることはわかっていた期間限定で出没するピグミシーホース。いままではスタッフが教えてもらってたのも今日で卒業です。
今日は冴えていたのか直感で探してみたら見つけれました。
もちろん嬉しさをこらえきれず水中で叫んだのはいうまでもありません。



2本目はテパバでホホベニモウミウシ探し。
最近見つける子たちはホストの海草を食べて大きくなっているようです。
水深15m前後に結構いることが分かりました。
ブーラリアウトとテパバはマクロ王道コースです。

天候 晴れ
風 SE 4kt/h
月齢 0.7(大潮)
波高 0.1m
流れ 0.2kt/h
気温 27℃
水温 26℃
干潮 02h13 0.44m / 14h40 0.38m
満潮 08h16 1.54m / 20h39 1.52m
 
 


2019/03/20   テパバ



年が明けてからずっと風が強かったニューカレドニア、ここ最近落ち着いてきましたぁぁー!
今日はマクロ好きとのことで、行ってきました、テパバの深場エリア。
もちろん第一の狙いはここ最近イチオシのウミウシ、アオモンモウミウシ。
だが、、、

今日はこんなキレイなウミウシも居りました〜!

恐らくフィロデスミウム・クリプティクムかと。
ちょっとまだ検証が必要です。。

そしてアオモンモウミウシの大きさにやはりびっくりしておられたゲスト様。

これを見るまでは老眼になれませんぜ、皆様。
めちゃ可愛いんですから。

相変わらずテパバの深場は夢を与えてくれます。

(*ポイント)
1本目 テパバ
ヒブサミノウミウシ、アオモンモウミウシ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、ユメウメイロ、ブラックバタフライフィッシュ、フィロデスミウム・クリプティクム、イエローバンデッドスナッパー、ニセクロホシフエダイ、アオウミガメ、ヤイトハタ、エレガントゴビー、ゴシキエビ

2本目 セシュ・クロワッサン
ロクセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、ホウセキキントキ、ゴールドヘッドダムゼル、シルバードラマー、オビキュラーダムゼル、バリアリーフアネモネフィッシュ、オオメカマス、タイマイ、オハグロツバメガイ、ムチカラマツエビ、フタスジタマガシラ
 
 




  益田 智史
ニューカレドニア・ヌメア






特になし

«  2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。