世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
パプアニューギニア・ワリンディ
 
2019/03/24   落雷

昨日突然の出来ごと。

夕方雷がどこか近くに落ちてそれからインターネットの障害が。今は携帯を使ってネットにつながっていますが。それが治るまでは、FBは見るだけです。投稿までできないなあ。寂しいなあ!見るのは大丈夫です、携帯がつながる限り。メッセージも大丈夫です、携帯がつながる限り。返事はローマ字になりますが。

写真は昨日撮ったバラクーダー。AGUというほとんど私が行かないリーフですが。帰りにオルカを見たという人もいましたが、残念ながらチラ見で終わってしまいました



 
 


2019/03/22   今ホットなポイント!!



これは昨日のビーチの写真ですが、ボートの下で透明度がよくなく、でも3Mでアジ、ギンガメがぶつかるほどいたんですが、今日はこれに2匹のモービュラー(マンタの小型版)がいたそうです。

今ホットなポイント。でもあの透明度ではダイバーがきつく前にモービューラーのほうが気がつぃて逃げていくかも。
今日見たのはボートで仕事をしている人でした
 
 


2019/03/15   フラッドフォード

昨日の1本目はフラッドフォードでした。
いつもと同じくバラクーダー満載。

でも2本目のスーザンのニューフェースのホワイトボンネットとか、3本目のキャサリンの隠れず踊っているオドリハゼとか面白いものがあって、そっち優先。

そしてついでにブラッドフォードのバラクーダーです。

水温は29.5度はあります。流れはほんの少しですが、でもバラクーダー立ち退きがそがれるみたいであまりサークルにはならず、同じ方向を見ながら漂っていました。

あっちにもこっちにもバラクーダー。やっぱりまとまってサークルになってくれるのが一番、というのは贅沢かな。





 
 


2019/03/14   キャサリン

今日の3本目の写真、動画です。

キャサリンというポイント。同じく水温は29.5くらいで少し冷たいです。透明度20m、流れなし。ここのお目当てはハゼの穴。隠れないニチリンダテハゼ3匹と、オドリハゼがいつもいます。本当に隠れない。

オドリハゼを見ていて、なんか気配を感じるとニチリンが穴から出て動き回っていたり。

でもこのニチリン、おなかが膨れている気がしてプレグナントなのかしら。















 
 


2019/03/13   スーザン

昨日からお天気がパッとしませんが、今日も1本目 ブラッドフォード、2本目スーザン、3本目キャサリンと、3本潜りに行きました。

10Mまではパッとしませんが、でもその下はクリアー。29.5度(少し冷たく感じます)。

スーザンでの大発見!は3週間前の発見ですが、今までホワイトボンネット(一番大きいの)、それとセジロクマノミだけだったのに、もう1匹小型のホワイトボンネットがいました。今までいなかった1匹。

そしてこういう場面ではいつもセジロクマノミがホワイトボンネットをいじめまくります。こういうの今までに2回くらい見ました。

見てくださいこの動画、お前は出ていけ!と言いう感じで追い掛け回す、でも出て行かないホワイトボンネット。でもこのタイプのホワイトボンネットは初めてです。

今までいろいろなパターンは見ましたが、尾ひれの前に白いぽっち。よく見るとこの大型のホワイトにも同じ白いぽっちが。やっぱりこの2匹血縁関係あるのかなあ。





 
 




  屋本 恵子
パプアニューギニア・ワリンディ






キンベ湾 ワリンディ・プランテーションリゾート


«  2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 ○過去の情報
  2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。