世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2018/08/16   2018/08/11~08/17 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.5

<1> Kandooma Thila     ( South Male )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
マダラトビエイ BIG!!
イソマグロ BIG!!
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ロウニンアジ、カスミアジ、ギンガメアジの群れ、
バラフエダイ、ナポレオン、ムスジコショウダイの群れ、
クマザサハナムロの大群、

<3> Graidhoo Manta Point     ( South Male )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ナンヨウマンタ (*リーフマンタレイ)!!

<3> Villivaru Gili     ( South Male )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:ナシ
クジャクスズメダイ、カラーブレニー、
マダガスカルバタフライフィッシュ、
エヴァンスアンティアス、
モルディブスポンジスネイル、アカメハゼ、
アオギハゼ、モルディブトリプルフィン


************************

Day5
ついに最終日となってしまいました(涙)
1本目から深くてガンガン流れるダイブサイトへ!!
この二つを兼ね備えているということは。。
そう!まさに大物、群れ狙いです!!

エントリー早々根に着くと、ギンガメアジの群れが!!
全然切れることのない群れは見応えたっぷり\(^o^)/


そしてオーバーハングにはムスジコショウダイの群れ!
中層にはフュージュラーの大群やグレーリーフシャークもたくさん見ることができました!

まさに狙い通り=なダイビングでした!

そして母船に帰ろうとしいる途中に
マンタのお食事タイムに遭遇!
これには迷わず皆んなで飛び込み急遽マンタシュノーケル開始!
食事中と言うこともあって、グルグル2枚のマンタが旋回してくれたので、かなりの至近距離で見れちゃいました(^o^)/

こんな嬉しい遭遇もモルディブならではですね♫

Dive2
私たちもご飯を食べ、先ほどの場所付近を再び通過すると、
さっきよりも枚数は増え、5枚ほどのマンタが!!

今度はシュノーケルではなくダイビングでエントリー!
水底から上を見上げると、マンタが通過!
時折水面から中層へ来るマンタもちらほら。

間近では見れませんでしたが、しっかりマンタをゲットすることができました!!

Dive3
このクルーズのついにラストダイブです!
今まで、流れの強いポイントや深場の大物を狙うポイントなどへ行ってきました。
なので最後は、流れもなく穏やかなポイントを選び
まったりダイビングをしてきましたよー^ ^

今まであまり見ていなかったウミウシや幼魚。
マダガスカルバタフライフィッシュやハナゴイのインド洋verのエバンスアンティアスなど固有種を中心に♫

のんびり〜まったり〜なダイビングで締めくくりました!

そして、今回のクルーズで2名の方が記念ダイブを迎えました!!
K本さん1000ダイブ
Mはるさん1500ダイブ!!
お二人とも4桁!!!!!!
おめでとうございます*(^o^)/*
そしてお誕生日前夜祭!!
Kさん!おめでとうございます☆

今回ご参加いただきました皆様!
本当にありがとうございました。

モルディブの素敵な海へまた潜りに来てくださいね\(^o^)/



























※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: くもり
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 


2018/08/15   2018/08/11~08/17 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.4

この日潜ったポイント

<1> Lux Out     ( South Ari )
<2> Lux Out     ( South Ari )
<3> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )

<1> Lux Out     ( South Ari )
透明度:20 - 30m、 波:中、 風:中、 流れ:弱 – 中
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツマグロ(*ブラックチップリーフシャーク)
インディアンバナーフィッシュの群れ、
タイマイ、アオウミガメ、
ナポレオン、マダラトビエイ、

<2> Lux Out     ( South Ari )
透明度:20 - 30m、 波:中、 風:中、 流れ:弱 – 中
ジンベエザメ!!! 
バショウカジキ 5匹!!!
バンドウイルカ!!!

<3> Alimathaa Jetty     ( Vaavu )
透明度:10 - 20m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ロウニンアジ、カスミアジ、
オオテンジクザメ(*トーニーナースシャーク)
オグロオトメエイ、マダラエイ、

************************

Day4
今日は朝一からドーニーからジンベエサーチです!!
南アリ環礁のリーフ沿いを探していきます。
30分くらい探していると、他のボートからジンベエの目撃
情報が!!
いざダイビングへ。

がしかし。。。。思うようには現れてくれませんね(涙)
1本目は玉砕。。

気を取り直してサーチ開始!
1時間ほど探していると。。。。
ジンベエーーーーーーーの声が!
全員瞬時に準備をし
シュノーケリングでアイマン筆頭にダッシュ!
しかしこの時も影が見えたくらいで数人しか見ることができませんでした。。
でも諦めません!!!!
今度は先回りをしてダイビングでエントリー。

するとリーフ側からキターーーーーーーー!
ジンベエ様降臨です!
ゆっくりと通過しながら、さらに一度Uターンをして戻ってきてくれたので、全員で見ることができました*(^o^)/*

さらにバショウカジキ5匹、水中でイルカも見れた人もいて
結果的にハッピーにジンベーサーチを終えることができました!

Dive3
モルディブクルーズでも大人気のナイトダイブ!
ここではナースシャークがうじゃうじゃ!!
私たちの真横、頭上ととにかくいろんな箇所から現れ
そしてかなりの至近距離!!
サメだけじゃなくロウニンアジやエイなどもうじゃうじゃ!
これには全員のアドレナリンが大爆発です\(^o^)/

名残惜しさを残しつつエキジット!
大大大満足なダイビングでした!!!

















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 


2018/08/14   2018/08/11~08/17 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.3

この日潜ったポイント


<1> Mahibadhoo Gaa     ( South Ari )
<2> Mahibadhoo Gaa     ( South Ari )
<3> Kudarah Thila     ( South Ari )


<1> Mahibadhoo Gaa     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱 – 中
ヒメフエダイの群れ、バラフエダイ、
インディアンバナーフィッシュの群れ、
イエローヘッドバタフレイフィッシュ、
ムスジコショウダイ、

<2> Mahibadhoo Gaa     ( South Ari )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱 – 中
ヒメフエダイの群れ、ニシキヤッコ、
インディアンバナーフィッシュの群れ、
インディアンダッシュラス
(*フタスジリュウキュウスズメダイのインド洋型)
ミスジリュウキュウスズメダイ、

<3> Kudarah Thila     ( South Ari )
透明度:30 – 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱 – 中
ヨスジフエダイの群れ、モルディブアネモネフィッシュ、
モルディブスポンジスネイル、イソマグロ、
ロウニンアジ、カスミアジ、クマザサハナムロの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
イエローバンデッドフュージュラーの群れ、
マダラトビエイ、ヒメフエダイの群れ、


************************

Day3
本日の朝の1本目はマンタ狙い!
エントリーすると小さなクリーニングステーションにすでに
他のショップの方たちがマンタ待ちをしていました。

その周りで私たちもマンタ待ち。。。
しかし待ってもマンタは現れず・・涙

少しクリーニングステーションから離れて
インディアンバナーフィッシュ(まつげ)や
ヒメフエダイの群れなどを見て終了。

Dive2
先ほどは玉砕。。
なのでリベンジマンタです!!
先ほどよりもダイバーの数は増え人だらけ(汗)

待てど暮らせどマンタは来てくれませんでした。。。
リベンジならず・・涙
でもまだチャンスはあるのでその日に期待を込めます!

Dive3
個人的にすごく好きなダイブサイトの一つでもあります♪
Fish Head同様魚影の濃いポイント!

マダラトビエイが1匹優雅に泳いでいました( ^ ^ )/

モルディブならではなムレハタタテダイの群れ!
どのポイントでも見ることができますが
何度見ても、どこで見ても目を奪われます。

ヨスジフエダイの群れも圧巻です!
この群れに突っ込むと気持ちがいいんですよね♫笑

そして、ツバメウオがやたらと人懐っこくて、
終始私たちについてきては、カメラにアタックするなど可愛い姿も見れました。















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 


2018/08/13   2018/08/11~08/17 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.2

この日潜ったポイント


<1> Fesdhoo Wreck     ( North Ari )
<2> Kan Thila     ( North Ari )
<3> Fish Head     ( North Ari )
<4> Fish Head     ( North Ari )


<1> Fesdhoo Wreck     ( North Ari )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オーロラパートナーゴビー、
ドラキュラシュリンプゴビー、
スパゲッティイール、スカシテンジクダイ、キンメモドキ、
アデヤッコ、アカマダラハタ、
モルディブアネモネフィッシュ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)

<2> Kan Thila     ( North Ari )
透明度:20 - 30m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
カスミアジ、イソマグロ、
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
ナポレオン、マダラトビエイ、

<3> Fish Head     ( North Ari )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
ロウニンアジ、カスミアジ、
タイマイ、クマザサハナムロの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、
ベンガルスナッパーの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、アカモンガラの群れ、

<4> Fish Head     ( North Ari )
透明度:10 - 20m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
タイマイ、ベンガルスナッパーの群れ、
ムレハタタテダイの群れ、アカモンガラの群れ、

************************

Day2
Dive1
沈潜と砂地のポイントへ!
中に入ることはできない沈潜ですが、写真映えする沈船。
とても雰囲気があります。
沈潜にはカラフルなソフトコーラルやウミウチワ。

砂地には固有種の
人気の高いドラキュラシュリンプゴビーやオーロラパートナーゴビー
マクロなものも見つつ浅場にいるこちらも固有種の
モルディブアネモネフィッシュを見ることができました。

Dive2
続いて2本めは光りものを狙っていきます!!
今回は流れもあったのでワンウエイダイビング♩
エントリー早々にイソマグロやタカサゴの群れが私たちをお出迎え!

そして大きなナポレオン!
人慣れしているのかカメラを向けて近づいても、全然逃げることがなかったです。

他にもグレーリフシャークやネブリブカ。
ゲストの方にも大人気のポイントでした!

Dive3
魚影の濃いこのポイントでは
ベンガルスナッパーやムレハタタテダイの群れ

そして浅場に行くとイソギンチャクモドキを無心に食べるカメ!
ご飯に夢中人りすぎて全く人間にはお構いなしでした(笑)

Dive4
ラストダイブは夕方と言うこともあり、さっきよりも流れがあり魚が増えると
我らがアイマンの読みは的中!

流れのあたる場所から深場を見ると、グレーリーフシャークが何匹もぐるぐると旋回!
私たちのいる方へ近づく子もいてくれました!
これは何分見ていても飽きない光景でした!!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: くもり
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 


2018/08/12   2018/08/11~08/17 マーレ・アリ・ヴァーヴルート NO.1

この日潜ったポイント


<1> Fish Tank     ( North Male )
<2> Fesdhoo Goni  ( North Ari )


<1> Fish Tank     ( North Male )
オグロオトメエイ、マダラエイ、
ハニーコムモレイ、ドクウツボ、ナミウツボ、
ゴマウツボ、サビウツボ、ムウジコショウダイの若魚、
ムレハタタテダイの群れ、コバンザメの群れ、
カスミアジ、ナポレオン、

<2> Fesdhoo Goni  ( North Ari )
透明度:20 - 30m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
ナンヨウマンタ (*リーフマンタレイ)!!
オオテンジクザメ、

************************

こんにちは!
どーもレナです!!

今シーズンからモルディブの海へとやって参りました!

これから皆様にモルディブの素晴らしさを伝えていけたらと思っています!!
好きなものはお酒です!笑

これからよろしくお願いしまします(^^)

本日からファーストトリップが始まりました。

雨季ということもあって雨や風などでスケジュール変更もありましたが、これぞモルディブの海!!を堪能して参りました。
その模様をブログでお伝えしていきたいと思います!!

今回は南ルートを回ってきました!

Day1
Dive1 Fish Tank (North Male)
初日の1本目はチェックダイブへ!
少し流れもありましたが
砂地の広がるポイントなのでチェックダイブを兼ねながら
ダイビングをしてきました。
深場からオグロオトメエイが次から次へと。
かなり接近されている方もいました!

ハニーコムモレイは一つの穴から一気に4匹も(笑)
このポイントならではな光景!
いろんな種類のウツボも見ることができました。

他の魚も多く見ごたえたっぷりな1ダイブとなりました!

Dive2
ナイトマンタを狙うべく、母船の船尾にライトをセッティング!
プランクトンを集めてマンタが来るのを船上で待ちます。
すると、まずはマンタではなくナースシャークが!!

しばらく私たちの周りを旋回してくれました。
そして肝心のマンタ。。。他の船からも歓声の上がる声が聞こえず。。
少し諦めかけていたその時!!!!!!
キターーーーーーーーー!!!!
出てくれましたーーマンターーー!!

すぐさまダイビングの準備をしてエントリー!
しかし。。。残念ながらダイビングでは見ることはできませんでした(涙)















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 28-29℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、れな、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年8月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。