世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
モルディブ・クラブアズール
 
2019/02/15   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.6

この日潜ったポイント


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
バリアブルラインドフュージュラーの大群、
イソマグロ、ハナヒゲウツボ(黒)、
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、


************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

本日のブログ担当はけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はガーフ環礁でダイビングでした。
翌日の国内線フライトスケジュールの関係上、本日は1本のみ。
お客様もガイドもこの1本に全てをかけます!!

潜降してみると、流れが強くもなく、弱くもなく、良い塩梅。
透明度も抜群ではるか遠くまで見渡すことができました。

まずはイエローバックフュージュラー、バリアブルラインドフュージュラーがまるでカーテンのように群れております。

このカーテンをくぐり抜けるとそこには大量のオグロメジロザメが徘徊しているではありませんか!!今トリップにおいて一番のオグロメジロザメの密集度だったかもしれません。
今回はダイバーとの距離も非常に近く、お客様もじっくり写真やビデオを撮影することができました。

そしていつものようにサメ以外にもギンガメアジやバラクーダの群れなどもたくさん見ることができました。

チャネルの真ん中でカレントフックを使ってサメを待っていると、ハナヒゲウツボの幼魚を発見。そしてまた別の場所でもハナヒゲウツボの幼魚を発見。ちなみに昨年も似たような場所で発見した記憶が?まさかの同じ個体???そんなわけないですよね・・・
こんな流れが強い場所でなくてもええのになぁ。。
そんなこんなで赤道スペシャルの第一弾が終了です。

ご参加いただいた皆様!!!
この度は、数あるダイブクルーズの中からFUN AZUL FLEET MALDIVESをお選びいただき、誠にありがとうございました!

またいつかみなさまとご一緒できる日を楽しみに、
クルー 一同みなさまのお帰りを心よりお待ちしております!













※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/14   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.5

この日潜ったポイント


<1> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
<3> Nilandhoo Kandu     ( Gaafu )
<4> kuredhdhoo Kandu     ( Gaafu )


<1> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
マダラトビエイ、ギンガメアジの群れ、
カスミアジ、ロウニンアジ、カッポレ、

<2> Maarehaa Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
ロウニンアジ、イソマグロ、カッポレ、
ギンガメアジの大群、

<3> Nilandhoo Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
ロウニンアジ、イソマグロ、カッポレ、
マダラトビエイ 、ナポレオン、

<4> kuredhdhoo Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ギンガメアジの群れ、
ロウニンアジ、イソマグロ、カッポレ、
タテジマキンチャクダイ(*幼魚)、

************************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はガーフ環礁でダイビングでした。

5日目はしんごが担当します。晴天白日とは今日にピッタリな言葉です。
良く晴れ渡った青空に海の輝きがまして、透明度は30メートル以上!!!
最高の1日の始まりです!(^^)!

1本目はマーレハカンドゥ。
エントリーすると海の底が見える見えるとても透明度が良い気持ちいいな〜とリーフに向かって泳いでいるとグレイリーフシャークがぐっしゃりいました。イソマグロやロウニンアジも朝から悠々と朝ご飯探し!!ギンガメアジの群れも1000匹以上くらいぐっしゃりいるんです。岩場に掴まりこれらをじっくり観察!!ある程度観察した後チャネルの中へ!

チャネルの中はジンベイザメやカジキやイルカと遭遇率が高く!あたりを見渡す!するとナポレオンフィッシュやマダラトビエイが優雅に泳いでいましたよ。


2本目も同じくマーレハカンドゥ。
先程とは、変えて真ん中ら辺からエントリー!!チャネルへ3分で到着でき楽ちん!
またもやグレイリーフシャークがダイナミックに泳いでいる!!
イソマグロ、ロウニンアジも負けないくらい、いーっぱいいました。先へ進むとマダラエイが5体の群れで優雅に泳いでいる。チャネルを早めに退散し、チャネルの中にある砂地エリアへ。砂地と透き通った海がすごく幻想的で綺麗なんです!フィンを脱いで砂地を蹴るととっても気持ちがいいんです。アイマンは華麗にフィン上に乗っかりサーフィンごっこ海は楽しみ方無限です!!!


3本目はニランドューカンドゥ。
チャネルに到着するとイソマグロの大群に遭遇!!真ん丸とした身の詰まったボディ!!「あーー美味しそう」と思いながら見ていましたよ〜〜。
カスミアジの群れも流れに向かって必死に泳いでいます。その下深場にはギンガメアジの群れが僕たちの前をスイスイ横切っていきました。
ブリーフィング通り、メインのグレイリーフシャークとホワイトチップをじっくり見てチャネルの中に流されました。チャネルの中は巨大のイソマグロと会いダイビングフィニッシュ!


夜はライトを照らしながらジンベエザメを待ちます!
プランクトンがどんどん集まってくるがジンベイザメは来る気配がなーい( ;∀;)
スタッフ交代でジンベエを待つことに!!深夜1時頃、ついにジンベエがきたーーーー!!
よかった!!よかった!!















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 

天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/13   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.4

この日潜ったポイント


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
<3> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )


<1> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:中、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
イソマグロ、ハナヒゲウツボ(黒)、
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、

<2> Villingili Kandu     ( Gaafu )
透明度:30 - 40 m、 波:中、 風:弱、 流れ:中
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツマグロ(*ブラックチップリーフシャーク)
イエローバックフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの大群、
イソマグロ、オオメカマスの群れ、
ギンガメアジの群れ、クロヒラアジの群れ、
マダラトビエイの群れ、

<3> Kooddoo Shark Point     ( Gaafu )
透明度:20 - 30 m、 波:中、 風:ナシ、 流れ:弱
カマストガリザメ(*ブラックチップシャーク)
ハナザメ(*スピナーシャーク)
ナポレオン、タイマイ、ツムブリ、
ツバメウオ、ヨスジフエダイの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、


************************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はガーフ環礁でダイビングでした。

皆さんこんにちは、4日目担当のてるです!

今日の天気は風がびゅーびゅーと台風のような風が吹いております。
空もどんよりと雨期のような空模様です。


とはいえダイビングは通常通り行っていますので今日も張り切っていきましょう!

1本目はヴィリンギリカンドゥ。
やっと到着しましたガーフ環礁!
その中でも随一のチャネルポイントへ(^^)/
いつも通り、リーフ沿いを進みつつ徐々に深度を取っていきます。
そして潮当たりのいい場所で着底♪
それはもう沢山のグレイリーフシャークがわんさかと!
ざっと30匹以上はいましたがそれ以上は数える気になりませんでした(笑)
そして25分程観察して、チャネルの中へ!!!
ここのポイントは過去にもチャネル中でジンベエやカジキなども見れていたのでいつもより長めに流されつつ大物を探しましたが、その姿は見えず…
次にリベンジです!!!


2本目も同じくヴィリンギリカンドゥ。
今回はチャネルの真ん中でエントリー!
エントリーしてすぐにイエローバックフージュラーがすごい群れでいましたよ〜。
そしてその群れの奥にはグレイリーフシャークがうじゃ〜っと(^^)/
しばらく観察していると、グレイリーフシャークがアタック!!!
突然、早く泳ぐ姿に我々は呆気に取られてしまいました(*’▽’)
普段は優雅に泳いでいる姿ばかり見ていたのでアタックしてる姿にゾクゾクとしました(笑)
やっぱりかっこいいです!!!
それから30分程観察した後、チャネルの中へGo!!!
大きめのカメとナポレオンフィッシュを発見。
他にも大物が出てくれるのを期待していましたがその思い実らず…( ;∀;)
サメサメサメ〜〜〜時々カメ〜といったダイビングでした!(笑)


3本目はクードドゥーシャークポイント
エントリーして、良さそうな場所を見つけて着底〜。
途中には大きなカメさんが登場〜。
そしてサメが来てくれるのを待ちます…
とりあえず待ちます…
が、全然来ない!!!!なんで~~~~!!!!
待てど暮らせど一向に来てくれず、2-3匹のサメがちらっと登場。
どうやら今日は既にお腹いっぱいみたいだったのかな?( ;∀;)
他の場所に移動して探すも結果は変わらず…
ということでリーフ沿いにいるヨスジフエダイの群れやイエローバックフュージュラーの群れを見ながらエキジット!!!






















天候: 曇り
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/12   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.3

この日潜ったポイント

<1> Dhiyamigili Out     ( Thaa )
<2> Graidhoo Corner    ( Thaa )
<3> Vadinolhu Kandu     ( Laamu )


<1> Dhiyamigili Kandu     ( Thaa )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中+
ツムブリ、
テングハギモドキ、
シルキーシャーク、

<2> Graidhoo Corner    ( Thaa )
透明度:30 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:中+
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
マダラトビエイ 、ナポレオン、
ヨスジフエダイの群れ、ギンガメアジの群れ、
カスミアジ、ヒメフエダイの群れ、
タイマイ、イソマグロ、

ジンベエザメ!!

<3> Vadinolhu Kandu     ( Laamu )
透明度:20 - 30 m、 波:中、 風:中、 流れ:弱
オグロメジロザメ(*ブラックチップリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ヒメフエダイの群れ、
イソマグロ、ナポレオン、
ギンガメアジの群れ、カスミアジ、
バリアブルラインドフュージュラーの群れ、

************************

アッサーラム アレイクン♪
お久しぶりです。
お元気ですか?

本日のブログを担当するけんごです。

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はタア環礁、ラーム環礁でダイビングでした。

この日も天気は快晴。
しかしながら前日同様に午後から風が少し出てきました。

1本目はディアミギリアウトからスタート。
まずは早朝ダイブでハンマーヘッドサーチダイブ。
オーシャンカレントに身を任せながら、ガイド、お客様が編隊を組んで捜索をしました。

結果は残念ながらノーハンマーヘッド。
透明度はすこぶる良かったのですが、肝心のハンマーヘッドは発見することができませんでした。
途中、数匹のサメを発見しましたが、トンカチ頭のシルエットにあらず。正体はシルキーシャークでした!!

2本目はグライドゥコーナー。
ばっちりオーシャンカレントの影響により、リーフ沿いを一気に流れに乗ってドリフトダイビング。リーフ沿いではハードコーラルやテーブルサンゴが段々畑のように続き、とっても綺麗な光景が続いております。

時々、大きなナポレオンやイソマグロが通過。
深場に目をやるとオグロメジロザメやネムリブカなども登場。

なんと今回のダイビングにおいてジンベエザメが登場しちゃいました!
アイマンチームのお客様からの情報では安全停止前、中層を確認してみると遠くに黒い物体を発見。アイマンをはじめ、お客様もこれはカジキに間違いないと近づいていると、アイマンがさらに加速??お客様もこれはただ事ではないと追走するとなんとその黒い物体の正体はなんとジンベエザメでした!!!!
そりゃー、興奮しちゃいますね!!!

残念ながらおいらは見ておりません。

3本目はタア環礁に移動。
波風の影響により当初予定していたダイブサイトを変更してヴァディノフカンドゥでダイビング。

水面は少し波が立っており、水中も少し流れがありました。

潮当たりの良い場所では様々な魚たちがぐっちゃり!!!
ヨスジフエダイ、ヒメフエダイなどモルディブを代表するワイド系のお魚たちが大集合。
そしてこれまた大きなナポレオンも登場!!このダイブサイトでは常連メンバーなのかな??
これまた少し深い場所ではギンガメアジが綺麗な群れを形成中。
いつもサメなどの大物ばかりを狙っておりましたが、ここではじっくりとモルディブ固有種やリーフフィッシュを観察することができました。
そんなこんなで予定ダイブタイムが終了。

明日はついにガーフ環礁でのダイビングです!



















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 曇り
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:30-40m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 


2019/02/11   2019/02/09-02/16 赤道スペシャル<1>(マーレ→ガーフ)NO.2

この日潜ったポイント


<1> Dhiggaru Kandu     ( Meemu )
<2> Kurali Kandu (Manta Point)     ( Meemu )
<3> Olhugiri Kandu     ( Thaa )


<1> Dhiggaru Kandu     ( Meemu )
透明度:30 - 40 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱+
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
ネムリブカ(*ホワイトチップリーフシャーク)
ツムブリ、カスミアジ、カッポレ、
ギンガメアジの群れ、イソマグロ、
マダラタルミの群れ、マダラトビエイ 、

<2> Kurali Kandu (Manta Point)     ( Meemu )
透明度:10 - 20 m、 波:ナシ、 風:ナシ、 流れ:弱
チンアナゴ、ヒメダテハゼ、
オーロラパートナーゴビー、
ブラックシュリンプゴビー、
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、
ナンヨウマンタ!!!

<3> Olhugiri Kandu     ( Thaa )
透明度:20 - 40 m、 波:小、 風:弱、 流れ:弱-中
オグロメジロザメ(*グレイリーフシャーク)
イソマグロ、カッポレ、ギンガメアジの群れ、
モルディブアネモネフィッシュ、
インディアンバナーフィシュの群れ

バショウカジキ!!!

***********************

今年もこの時期がやってきました!!
モルディブの年に一度のスペシャルトリップ!
今週はその第一弾!!!

今週のトリップは通常のルートとは異なり、マーレ環礁をスタートしてヴァーブ環礁、ミーム環礁、タア環礁、ラーム環礁を通過して、赤道付近にあるガーフ環礁までダイビングをしながら移動する特別ルートでした。

この日はミーム環礁、タア環礁でダイビングでした。

1本目のポイントはディッガルカンドゥ。
潜降した途端マダラトビエイが優雅に泳いでいましたよ。チャネルに到着しては、ギンガメアジが1000匹程群れていました。これには僕たちもビックリ!!!
ギンガメアジの塊から飛び出て来るのは・・・・
グレイリーフシャーク(オグロメジロザメ)!!それにしても大きなサメ!!
何匹も何匹も飛び出てきます!!本当に素晴らしい海でした。


2本目はクラリカンドゥ。
マンタ狙いでエントリー開始!砂地ををゆっくり泳ぐこと20分。砂地にいるハゼやチョウチョウウオをゆったり見ているとマンタ発見!!!ゆっくり目の前を通過していく。こちらに気がついているはずですが、クール通り過ぎていくマンタ。
のちに前に進むとまたもやマンタ発見!!!!写真をパシャリと撮ってすぐにマンタは去って行きました。ガーフトリップ中唯一のマンタポイントなので見れて良かったです(^^♪


3本目はオルギリカンドゥ。
ミーム環礁から僕たちは、タア環礁移動してきました。
これからはチャネルダイブまっしぐらです。チャネルに到着すると、沢山のギンガメアジの群れがいましたよ〜!外側にはグレイリーフシャークやホワイトチップがお散歩中でした。棚の上にはキンギョハナダイがぐっしゃり群れていて、とても素晴らしい景色。
チャネルの中に流されるとインディアンバナーフィッシュが30匹程群れていてシャッターチャンスを逃さずゲスト様は撮っていました!!ダイビングフィニッシュ!





















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
シュークリア♪ 


天候: 晴れ
気温: 26-33℃
水温: 26-28℃
透明度:10-30m
ウエットスーツ:3mm

報告者:けんご、しんご、てるき、アイマン、マウ
 
 




  アイマン
モルディブ・ダイブサファリ






FUN AZUL号・モルディブダイブクルーズ


«  2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

 ○過去の情報
  2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。