世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
コスタリカ・ココ島
 
2019/08/24   2019/08/24-09/03 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
14 August -24 August 2019
(Photos by Mauricio Marín)


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm

今週も21名の新しいダイバーとたくさんの期待と共にトリップがスタートしました。今週のトリップは通常より早く午前中にプンタレナス港を出発、海況が良かったので、34時間以内でココ島にあるチャータムベイに到着することができました、

1日目。まずは美味しい朝食を取り、チャータムベイでチェックダイブからスタート。沢山のお魚やネムリブカがお出迎え、透明度も非常に良かった。
続けてマヌエリータでダイビング。このダイブサイトではハンマーヘッドシャークの群れを狙います。ハンマーヘッドシャークが泳ぎ回っていましたが、マダラエイも非常に近く、そして沢山のギンガメアジの群れも見ることができました。まずまずのスタート、滑り出しではないでしょうか?これからどのようなトリップが続くのかとてもワクワクします。

マヌエリータは私のお気に入りのダイブサイトの1つですが、このダイブサイトではいつも何かサプライズが発生します。タイガーシャークのような大物が登場してくる時もありますが、残念ながら今回のダイビングでは目撃することができなかった。その代わりと言ってはなんですが、ハンマーヘッドシャークの群れが登場、30匹以上はいたのではないでしょうか?

ダーティーロックも劣らず素晴らしい、潜降するといたるところで沢山のお魚を見ることができます。マダラエイがダイバー付近を通過し、ハンマーヘッドシャークが泳ぎ去り、2匹のガラパゴスシャークがまるでパトロールしているか如く、岩の上を周回を繰り返しておりました。

アルシヨーネでは“ハンマーヘッドリバー”と表現すればよいのでしょうか?ブルーウォーターでは30匹以上のハンマーヘッドシャークの群れを目撃。ノンストップで本当に素晴らしいダイビングでした。このような至極のダイビングの後ではお客様はどのようなリアクションをするのでしょうか?お客様のには満面の笑みで溢れていましたよ。

今週はココ島の南側でダイビングをしました。ビッグ・ドスアミーゴ、スモール・ドスアミーゴではきっと信じることができませんが、、、2匹のジンベエザメがそれぞれ別のダイブサイトで同時に出現!毎日何かが発生するわけではありませんが、この日は両グループともにハッピーなことが舞い降りました。

再びダーティーロックでダイビング。今回はハンマーヘッドシャークの大群が私たちの頭上を通過。少なくとも100匹以上はいたはず。
完璧かつお客様が想像していたココ島のダイビングだったに違いないです。

Captain Andrés.





 
 


2019/08/01   2019/08/01-08/11 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
August 1- August 11 -2019
(Photos by Luis Fallas)


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm


今週は朝9:30にゲストがオケアノス号に乗船しました。いつも同様に世界各地から経験豊富なダイバーが集結しました。プンタレナス港を出発し、約32時間をかけてココ島に到着。ココ島までの横断は海況は良かったのですが、少しだけスコールが降りました。

1日目、マヌエリータの浅場でチェックダイブ、このダイブサイトはチェックダイブとしてはあまり難しくありません。たくさんのお魚やネムリブカをいたるところで発見。そしてハンマーヘッドシャークでさえ登場。ハンマーヘッドシャークの登場はこれからのトリップの吉兆といつも言ってますよね?

2本目はマヌエリータ。ここにはハンマーヘッドシャークのクリーニングステーションが3箇所存在します。潜降すると沢山のお魚、そしていたるところにネムリブカを見ることができました。しかし最高の瞬間はタイガーシャークが登場し、もちろんお客様は大興奮でした。マダラエイがキハダマグロなども泳ぎ去っていきました。

2日目、ウェイハーベイに移動をして、ダーティーロックとプンタ・マリアでダイビング。両ダイブサイトではいつもハンマーヘッドシャークとガラパゴスシャークを見ることができます。特にクリーニングステーションではハンマーヘッドシャークを非常に近距離で観察することができます。
プンタ・マリアでは沢山のガラパゴスシャークがまるで流れを楽しんでいるようでした。カスミアジが小さなクレオールフィッシュを捕食していました。この隠れ根は水中生物に溢れ、様々なアクションを期待することができます。

ダーティーロックはハンマーヘッドシャークの群れを見るためには有名なダイブサイトの一つですが、その群れを見るためにダイブフリーフィングをしっかり行います。水深30m付近にあるクリーニングステーションでは沢山のハンマーヘッドシャークを見ることができましたが、深場からのサーモクラインの影響によりメインの根に戻ることを決心。なんとメインの根ではジンベエザメが登場!お客様はスーパーハッピーだったに違いありません。

3日目はアルシヨーネでダイビング。少し悪天候のため風が強かった影響によりココ島に東側に位置するダイブサイトに到着するまで少し時間がかかりましたが、水中は全く問題なく、サプライズが待っていました!なんと約12m前後のフレンドリーなハンドウイルカの群れが登場し、アジの群れの中に何度も捕食を繰り返しておりました。

パハラ島でのダイビングは今週のトリップにおいてベストダイブの1つだったかもしれません。しばらくの間見ることができなかったレッドリップドバットフィッシュを、この日は見つけることができました。

ヴァイキングロックではガラパゴスシャークを発見。ガラパゴスシャークとの距離も非常に近かったのですが、タイガーシャークが出現した時はお客様がショックを受けたことは言うまでもありません。

再びダーティーロックでダイビングをしました。まずは潜降してクリーニングステーションに到達。なんと水面付近を泳ぐジンベエザメを発見。再びメインの根に戻り、ギンガメアジの群れの中を泳ぐジンベエザメを再び見ることができました。

この素晴らしいダイビングの後は再びヴァイキングロックでダイビング。そしてガラパゴスシャーク、タイガーシャークを見ることができました。

ココ島での素晴らしいダイビングはこの場所が特別なダイブサイトであることを痛感し、同じような考えをお客様もきっと感じることができたにちがいありません。また再びこのココ島でお会いできることを楽しみにしております。

Thanks to all of our guests!
Cap. Mauricio Marin








 
 


2019/07/09   2019/07/09-07/19 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
July 09 -19 2019
(Photos by Mauricio Marín)


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm


今週も15人の興奮を隠しきれない新しいお客様と共にココ島に向けて出発しました。午後4時頃に出港、ココ島まで穏やかでとても海況が安定していました。

ココ島に到着後、朝食を済ませ、早速チェックダイブを開始。チャータムベイでのダイビングは素晴らしく沢山のお魚、ネムリブカ、そして透明度も非常に良かった。
続けてマヌエリータでダイビング。私たちのチームは潜降と大きなオニイトマキエイが登場、信じることが難しいかもしれませんが、ジンベエザメが登場し、流れに逆らいながらゆっくりと泳ぎ去っていきました。 お客様はできる限りジンベエザメの写真やビデオ撮影を試みました。例えそれができなかったとしてもダイビング自体は最高ではないでしょうか?
午後からのチャータムベイにおけるダイビングはタイガーシャークが登場しました。

2日目、ダーティーロックでダイビング。ブリーフィング通りクリーニングステーションで待機、その後ブルーウォーターへ移動するとそこにはハンマーヘッドシャークの大群が登場。ハンマーヘッドシャーク以外にもマダラトビエイ、マダラエイ、そしてギンガメアジの大群も見ることができましたよ!

3日目、アルシヨーネでダイビング。いつもサプライズが発生し、決して私達を失望させることはありません。 水面付近ではハンドウイルカが登場し、水底付近では大きなオニイトマキエイが泳ぎ去り、そしてギンガメアジの大群も出現しました。

今週のトリップはココ島の南側でダイビングをしました。海況があまり良くなかったので、スモール・ドスアミーゴまで向かうまでが少し苦労しました。水中はコンディションが良く、透明度も良好、流れもほとんどなし。ダイビング自体はサメ三昧!ハンマーヘッドシャーク、ガラパゴスシャーク、シルキーシャーク、ブラックチップシャークが登場。そして驚くことにキハダマグロやワフーなども見ることができました。

プンタマリアでのダイビングは特に注意が必要です。大きな隠れ根ではお客様はまるで水族館にいるような気持ちに錯覚します。このダイブサイトではいたるところで数多くの様々な種類の魚が生息し、エイなどが自由気ままに泳ぎ回っております。

今週のトリップではオケアンス1号とオケアノス2号の日程が重複したため、チャータムベイであるビーチに上陸。スタッフ、レンジャーそしてお客様も一緒にビーチサッカーを楽しみました。お客様の数名は小高い丘にハイキングに行き、丘の上からの素晴らしい眺望を堪能しました。

無論、お客様は最後の最後までココ島までのダイビング、美味しい食事、素晴らしいクルーズ生活を満喫したために、お客様は家に帰りたくなくなったに違いありません。
また再びこのココ島でお会いできることを楽しみにしております

Captain Mauricio.








 
 


2019/06/26   2019/06/26-07/06 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
June 26- July 06, 2019
(Photos by Mauricio Marín)


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm

今週は朝9:30にゲストがオケアノス号に乗船しました。いつも同様に世界各地から経験豊富なダイバーが集結しました。プンタレナス港を出発し、約34時間をかけてココ島に到着。ココ島までの横断は天候にも恵まれ、とても快適でスムーズでした。

1日目、チャータムベイでチェックダイブ、このダイブサイトはチェックダイブとしては最適な場所です。たくさんのお魚やネムリブカが出迎えてくれ、そしてハンマーヘッドシャークでさえ登場してくれる時も多々あります。ハンマーヘッドシャークの登場はこれからのトリップの吉兆の予感でしょうか?
2本目はマヌエリータ。ここはハンマーヘッドシャークのクリーニングステーションが3箇所存在します。潜降すると沢山のお魚、そしていたるところにネムリブカ、マダラエイが私たちの近距離を泳ぎ、キハダマグロが泳ぎ去っていきました。

2日目、ウェイハーベイに移動をして、ダーティーロックとプンタ・マリアでダイビング。両ダイブサイトではいつもハンマーヘッドシャークとガラパゴスシャークを見ることができ、ギンガメアジの大群もみることができます。
プンタ・マリアのクリーニングステーションではハンマーヘッドシャーク以外の大物もたまにやってきます。沢山のネムリブカが泳ぎ去りやカスミアジが小さなクレオールフィッシュを捕食していました。この隠れ根は水中生物に溢れ、様々なアクションを目の当たりします。
ダーティーロックはハンマーヘッドシャークの群れを見るためには有名なダイブサイトの一つですが、その群れを見るためにダイブフリーフィングをしっかり行います。水深30m付近にあるクリーニングステーションではハンマーヘッドシャークがやってきたが、数があまり多く、群れではなかった。そして私たちはブルーウォーターでハンマーヘッドシャークの群れの捜索を開始。流れに逆らって泳ぐハンマーヘッドシャークの群れを発見!そしてダイバーとハンマーヘッドシャークの距離が非常に近かった。これはアルシヨーネのための準備運動かな?

3日目はアルシヨーネでダイビング。少し悪天候のため風が強かった影響によりダイブサイトに到着するまで少し時間がかかりましたが、水中は全く問題なく、とびきりおサプライズが待っていました!なんと約12m前後のフレンドリーなジンベエザメが登場し、20分以上も一緒に泳ぐことができました。今週のトリップのベストダイブの1つに数えることができます。

ビッグ・ドスアミーゴでは少しうねりに悪戦苦闘しましたが、水中生物に溢れております。ネムリブカが水底で休憩をし、マダラエイが泳ぎ去っていきました。

スモール・ドスアミーゴではガラパゴスシャークを目撃!ダイバーとの距離も非常に近くまで寄ることができました。

再びダーティーロックでダイビングをしましたが、潜降して間もなくして水面付近を泳ぐ別個体のジンベエザメを発見!再びメインの根に戻り、このジンベエザメと一緒に泳ぐことできました。今トリップにおいて2回目のジンベエザメの目撃でした(*゚∀゚*)

コンディションが良かったので、3度目のダーティーロックでのダイビング。約3000匹以上はいると思われるギンガメアジの大群、そしてブルーウォーターではハンマーヘッドシャークの大群を目撃。なんとダイビング終盤に約8m前後のジンベエザメが登場!ほんとうに信じることができないですよね?

今週のトリップを通じて私たちスタッフは改めてココ島のダイビングの素晴らしさを痛感し、お客様も同様にこの素晴らしさを共有することができたと思います。またココ島で一緒にダイビングをできることを楽しみにしております。

Thanks to all of our guests!








 
 


2019/06/14   2019/06/14-06/24 ココ島 オケアノス・アグレッサー

オケアノス・アグレッサー号 トリップレポート
14 June -24 June 2019
(Photos by Mauricio Marín)


水温:26-27℃
気温:26-27℃
透明度:15-20m
ウエットスーツ:3mmまたは5mm

お客様がプンタレナス港のドックに到着し、全てが整い次第ココ島に向けて出発しました。海況が良かったために36時間よりも短い時間でココ島に到着、チャータムベイにアンカーを落とし、そのままチェックダイブ、透明度が非常によく今週のトリップがスタートしました。

2本目はマヌエリータの浅場サイド。ここでは沢山のハンマーヘッドシャークを見ることができ、ダイバーとの距離も非常に近く、何度も私たちの泳いできてくれたので、お客様は素晴らしいい写真を撮影することができました。
3本目はマヌエリータの深場サイド。このダイブサイトにはクリーニングステーションが3つ存在するのですが、この場所でも沢山のハンマーヘッドシャークを見ることができました。ハンマーヘッドシャーク以外にもガラパゴスシャーク、ネムリブカも登場してくれました。

翌日はダーティーロックでダイビング。水深30m付近のクリーニングステーションではサメ達がダイバーを待ち伏せしているようでした。マダラエイが泳ぎ去り、ギンガメアジの大群がまるで巨大な入道雲のように群れていました。
プンタマリアでは少し流れが強かったですが、潜降ロープを使うと容易に根に到達することができ、沢山のネムリブカがお出迎え。良いポジションを確保すると私たちの目の前でサメ達が泳ぎ去り、良い写真やビデオを撮影することができました。

3日目はアルシヨーネでダイビング。この日のダイビングは本当に最高でした!ほとんどのダイバーの憧れの存在であるジンベエザメが登場。とてもフレンドリーで幾度も私たちの前をゆっくりと泳いでくれました。もちろん、ジンベエザメを目撃したお客様はアドレナリン大放出で大興奮状態でした。次のダイビングでも同じダイブサイトであるアルシヨーネで潜りましたが、再びジンベエザメが登場、ラッキーなことにダイバー全員が見ることができました。

ビッグ・ドスアミーゴでは大きなアーチが存在するのですが、その中はフエダイの仲間でたくさん!カッポレが泳ぎ去り、何百匹もいるであろうレッドスナッパーも見ることができました。

ある日の午後からのダイビングでは、ロブスターがたくさんいたり、エントリー直後の浅場で15匹以上のハンマーヘッドシャークを見ることができたり、水底ではマダラエイが休息中、同様に水底ではネムリブカも目撃することができました。

ウジョア島では巨大なガラパゴスシャークが登場、ダイビングの終盤にはアジの群れも見ることができました。
ココ島は世界中において本当にベストダイブサイトの1つだと言っても過言ではありません。そしてゲストのほとんどが再びこのココ島での素晴らしいダイビングを共有するために戻ってくることを楽しみにお待ちしております。

Capt. Mauricio.





 
 




  オンディッツ・カルパルソロ
コスタリカ・ココ島






絶海の孤島!! ココ島ダイブクルーズ


«  2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 ○過去の情報
  2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。