世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
タイ・プーケット
 
2018/01/19   リチェリューロックがすごいんです!!

サワディーカップ!!!

お久しぶりです。
お元気ですか?

今年の年末年始はいかがでしたか?
こちらは海況にも恵まれ、無事に乗り越えることができました。


今年のリチェリューロックがすごいことになっております。

シミラン諸島は東部インド洋に位置しており、アンダマン海とも呼ばれております。
そしてこのアンダマン海固有のクマノミの一種であるレッドサドルバックアネモネフィッシュ。アクアリストの間ではインドトマトとも呼ばれております。

今年はこのインドトマトの幼魚が大豊作!!!
リチェリューロックのいたる場所でタマイタダキイソギンチャクに身を潜めている幼魚をよく目にします。

幼魚は成魚とは若干模様が異なり、エラの部分に白線があるのが特徴です。
成魚になるとこの白線は消えてしまいます。

リチェリューロックでダイビングをした時は是非ともガイドにリクエストしてみてはいかがでしょうか?

今年のシミランは熱いですぜ!!!!









※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪
 
 


2018/01/10   リチェリューロックがすごいんです!

サワディーカップ!!!

お久しぶりです。
お元気ですか?

今年の年末年始はいかがでしたか?
こちらは海況にも恵まれ、無事に乗り越えることができました。


今年のリチェリューロックがすごいことになっております。
徐々にシーズンが深まるにつれて増えてくはずのスカシテンジクダイ。
しかしながら今シーズンはすでにベストシーズンを彷彿されせるくらいに大爆発的に発生しております。

リチェリューロック全体を覆い尽くすように群れております。
ウミトサカとのコラボレーションも最高です!!!

そしてそれを狙ったハンター軍団も大爆発的に発生中!!!
ロウニンアジ、カスミアジ、そしてキツネフエフキなど、、、
これまた大興奮な光景が日常茶飯事的にくりかえされております。

マクロ探しがちょっと大変になっておりますが。。。。

今年のシミランは熱いですぜ!!!!









※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 
 
 


2018/01/06   01/06 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム4号

この日潜ったポイント

<1> Elephant Head Rock
<2> Three Trees    #9
<3> North Point    #9


<1> Elephant Head Rock
透明度:20−30m、 風:ナシ、 流れ:ナシ
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロ、
タイマイ、ワヌケヤッコ、シテンヤッコ、
イエローダッシュフュージュラーの群れ、
ハナダイギンポ、ハナヒゲウツボ、
ウミウサギガイ、タカラガイ、

<2> Three Trees    #9
透明度:20−30m、 風:弱、 流れ:弱
ヨスジフエダイの群れ、アカヒメジの群れ、
ブラックフィンバラクーダの群れ、
オーロラパートナーゴビー、ブラックシュリンプゴビー、
メタリックシュリンプゴビー、ダンダラダテハゼ、
アンダマンラビットフィッシュ、

<3> North Point    #9
透明度:10−20m、 風:弱、 流れ:弱
ホウセキキントキの群れ、ムスジコショウダイ、
エヴァンスアンティアス、チークドパイプフィッシュ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
スターリードラゴネット(*ミヤケテグリのインド洋型)

************************

サワディーカップ!!!

お久しぶりです。
お元気ですか?

この日はエレファントヘッドロックからスタート。
お客様からリクエストがあったので、おいらも大好きなハナダイギンポを紹介。写真撮影は大成功。緑のアイシャドーがバッチリ決まった写真となりました!!

しばらくしたら中層を気持ち良さそうに泳ぐタイマイは発見。
お客様は撮影していると、フリーダイバーが登場!!!
水深15m前後まで楽々やってきて、おいら達同様に写真撮影をしておりました。カッコイイけど、ちょっぴりジェラシー??

ダイビング終盤に潮当たりが良い場所にやって来ましたが、大きなロウニンアジが10匹ほど群れがって泳いでおりました!さすがにしびれましたね!!!

水面休息時間を利用してNO.8の島に上陸。
シミラン諸島の有名な景勝地でもあるセイルロックまで頑張って登りました!

2本目はスリーツリーズ。
ここではまったりと砂地を堪能することに。
チンアナゴ、アンダマンジョーフィッシュ、ヤッコエイを眺めつつ、、、
やっぱし一番はハゼを観察!!!
今回はシミラン諸島ではあまり見かけることが少ないメタリックシュリンピゴビーを発見!!お客様よりガイドのおいらが一番興奮していたかも??

そして今回もブラックフィンバラクーダの群れが登場!!
今シーズンはかなりの高確率で目撃することができています!

3本目はノースポイント。
お客様から2つのリクエストがあったのですが、一つ目のリクエストであるタイマイは発見できず。。。(泣)もう一つのリクエストであるアンダマンラビットフィッシュはなんとか発見することができました。

リークドパイプフィッシュ、ミヤケテグリのインド洋バージョンでもあるスターリードラゴネットなど見ることができましたよ。

















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ のち くもり
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:20-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 


2018/01/05   01/05 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム4号

この日潜ったポイント

<1> Tuna Wreck    #5,6
<2> West Of Eden    #7
<3> Deep Six    #7
<4> Waterfall Bay    #8


<1> Tuna Wreck    #5,6
透明度:20−30m、 風:ナシ、 流れ弱
ナポレオン、キンセンフエダイ、
ロクセンフエダイ、クロホシフエダイ、
カスミアジ、イソマグロ、クジャクスズメダイ、
インディアンフレームバスレット
(*アカネハナゴイのインド洋型)
インディアンダッシュラス、
(*フタスジリュウキュウスズメダイのインド洋型)

<2> West Of Eden    #7
透明度:20−30m、 風:弱風、 流れ:中
カスミアジ、イソマグロ、ハナビラウツボ、
マダガスカルバタフライフィッシュ、
カエルアンコウ、バルタンシャコ、
オオアカホシサンゴガニ、シテンヤッコ、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
タテジマキンチャクダイの幼魚、

<3> Deep Six    #7
透明度:20−30m、 風:弱、 流れ:弱
ロウニンアジ、カスミアジの群れ、イソマグロ、
ワヌケヤッコ、アンダマンコショウダイ、
カスミアジの群れ、ムカデミノウミウシ、
ハナダイギンポ、アンダマンダムゼル、

<4> Waterfall Bay    #8
透明度:20−30m、 風:弱風、 流れ:中
ゼブラハゼ、フウライチョウチョウウオ、
インディアンバカボンドバタフライフィッシュ、
ウミヅキチョウチョウウオ、アラレフグ、
コラーレバタフライフィッシュの群れ、
アンダマンラビットフィッシュ、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、

************************

サワディーカップ!!!

お久しぶりです。
お元気ですか?

この日の1本目はツナレック。
他のボートエントリー時間が重なってしまったので、少しコースどりを変更することに。このダイブサイトは黄色お魚に注目!!!
キンセンフエダイ、ヨスジフエダイ、ロクセンフエダイをはじめ、黄色のチョウチョウウオ。おいらの黄色一押しはヤマブキスズメダイの幼魚!!小さな個体ほどレモンイエローが映えるんですよ!!!

キンギョハナダイに混ざってアカネハネゴイのインド洋バージョンでもあるインディアンフレームバスレットがバシバシ背ビレを広げてアピールをしていました。

2本目はウエストオブエデン。
このダイブサイトには数多くのハナヤサイサンゴが生息しています。
今回はおいらが勝手にシミラン絶滅危惧種に指定しているセダカギンポを見ることができました!!本当に久しく見てなかったよ!!
これまた久しく見ていなかったハナビラウツボも見ることができました!!

3本目はディープシックスでダイビング。
今回は潮がダイブサイト全体に当たっており、良い塩梅。
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロが何度もおいら達の前を往来してくれました。特にロウニンアジは非常においらの近くまで寄って来てくれましたよ。

浅場の岩では今年もムカデミノウミウシが大量発生中。
大きさも大小様々。写真撮影しやすい個体を狙って紹介します。

4本目はウォーターフォールベイ。
このダイブサイトではおいらの大好きなゼブラハゼが大発生!!!
よーーーく観察してみると、時々ヒレを広げて求愛行動を繰り返している個体は混ざっていましたよ!!

このダイブサイトはとにかくチョウチョウウオの種類が豊富!
今回はシミラン諸島海域ではあまり見かけることが少ないウミヅキチョウチョウウオを見ることができました。


















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ のち くもり
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:20-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 


2018/01/04   01/04 シミラン&スリン・リチェリューダイブクルーズ サウスサイアム4号

この日潜ったポイント

<1> Boulder City    #3
<2> Shark Fin Reef    #3
<3> Tunami Monument Reef    #5,6
<4> Turtle Rock    #8


<1> Boulder City    #3
透明度:20−30m、 風:ナシ、 流れ弱
カクレクマノミ、アカモンガラ、
アカヒメジの群れ、カスミアジ、イソマグロ、
ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ、
ハナダイギンポ、キンギョハナダイ、
イエローバックフュージュラーの群れ、

<2> Shark Fin Reef    #3
透明度:20−30m、 風:弱風、 流れ:弱
カスミアジ、イソマグロ、ツバメウオ、
アカヒメジ、ノコギリダイ、アンダマンダムゼル、
ブラックフィンバラクーダの群れ、
イエローバックフュージュラーの群れ、
イエローダッシュフュージュラーの群れ、
クマザサハナムロの群れ、

<3> Tunami Monument Reef    #5,6
透明度:20−30m、 風:弱風、 流れ:弱
コブシメ、アンダマンバタフライフィッシュ、
テンスの幼魚、アカハチハゼ、ヒレナガネジリンボウ、
ヒメダテハゼ、ブラックチンスリーパーゴビー、
インディアンダッシュラス、
(*フタスジリュウキュウスズメダイのインド洋型)

<4> Turtle Rock    #8
透明度:20−30m、 風:弱風、 流れ:弱
オーロラパートナーゴビー、
ヤッコエイ、アンダマンジョーフィッシュ、
マッコスカーズフラッシャーラス(*クジャクベラの仲間)
バルタンシャコ、スザクサラサエビ、
ムスジコショウダイの幼魚、

************************

サワディーカップ!!!

お久しぶりです。
お元気ですか?

この日はシミラン諸島南部でのダイビングの日でした。
シミラン諸島南部はクルーズが少なく、全てのダイブサイトにおいてほぼ貸切状態でダイビングを行うことができます。
しかもシミラン諸島南部は透明度がいつも透明度が安定していることが多いです。

1本目はボルダーシティーからスタート。
最近ではジンベエザメよりもレアキャラになってしまったかもしれないトラフザメをサーチすることに。朝イチだと砂地でのんびりと休息していることが多いのですが、この日は残念ながらトラフザメに出会うことができず。。。
その代わりに大きなマダラエイの見つけることができました。
この日はイエローバックフュージュラーが群れ群れでしたよ!!!

2本目はシャークフィンリーフ。
これまた1本目同様に透明度は抜群!!!
潜降するとすぐにそこにはブラックフィンバラクーダの群れが登場!!!
そしてイエローバックフュージュラー、イエローダッシュフュージュラー、クマザサハナムロが大爆発的に群れていましたよ。

ダイビングの最後にはおいらのお気に入りである突然変異で変色したピンク色のイソギンチャク、そしてそれに生息するクマノミをみて終了です。

3本目はツナミ・モニュメント・リーフ。
このダイブサイトは夜間に潜ることが多かったのですが、最近は昼間でもダイビングをしております。
10数年前の発生したスマトラ沖地震で発生したツナミ。
シミラン諸島海域にも少なからずダメージがありました。
その慰霊?それとも新しくダイブサイトを増やすために砂地にモニュメントを意図的に数点沈めております。
中には慰霊とか関係ないと思われるビーナス像?女神像?みたいなのものもあります。
この日はこんなモニュメント以外にも白い砂地ではインド洋固有種のハゼ、ヒレナガネジリンボウもいましたね!!!お客様はコブシメのカップルに大興奮でしたけど。。。

4本目はタートルロック。
今回はお客様からリクエストがあり、クジャクベラの仲間でもあるマッコスカーズフラッシャーをじっくり観察。オスがメスに対する求愛行動の一種でヒレを広げながら泳ぐ姿はとても艶やかですよ!!!でも写真撮影は難しい。。。。(泣)
















※今回の写真はお客様よりお借りしました。
コップンカップ♪ 

天候: 晴れ のち くもり
気温: 26-33℃
水温: 27-28℃
透明度:20-30m(※サーモクラインの影響有り)
ウエットスーツ:3mm または 5mm

報告者:けんご
 
 




  森本 健吾
タイ・プーケット






小物から大物までダイナミックなダイビング シミランダイブクルーズ


«  2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ○過去の情報
  2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。