世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
メキシコ・プラヤデルカルメン
 
2019/02/19   のんびりコスメルダイビング。

2月もあっという間に半ば過ぎですね。
毎月思うのですが時間が過ぎるのが早い!

どうもタツヤです。

今日のコスメルダイビングはビギナーさんがいたのでのんびりまったり楽しんできました。



男性陣は女性陣に促されてライセンス取得。

境遇がよく似た夫婦ですね。(笑)



水中でも丁寧にコスメルの固有種を紹介させていただきました。



ラッキーにもマダラトビエイに遭遇!



しかも正面写真をゲット。

風が強いのが心配でしたがユカブリーフとパラダイスリーフでのんびりダイビングできました。

明日は行き先は違いますが皆様セノーテダイビング。

明日もたくさん楽しんでいきましょう。

 
 


2019/02/19   晴天お昼寝日和。

こんにちは
Muneです!

本日2名のお客様と一緒にセノーテダイビングへ行きました。



朝から少し湿度が高く感じましたが、
太陽には恵まれて期待満々でいざ!

まずはセノーテチキンハに行きました。

入り口でガイドからしっかりブリーフィング。

そして器材を背負ってダイブ。

入り口からバッチリ光がビームのように差し込みました。



朝一番なので透明度ともに良好。



洞窟の中を進むと三角形の石が挟まっています。



途中別のセノーテレインボーで顔を上げると上から木の根が降りてきてジャングル感満載。



戻るころも入り口が綺麗でした。

そして隣のセノーテへ移動して
次なる目的地はセノーテエデン。



オープンスペースが広くて人気のセノーテで、
いる口で聞くところによると今日は50人ダイバーがいるとかいないとか。

しかし我々も臆することなくダイブ!

200m強のトンネルを抜けるとそこにはエデンの園が!



数十mにもなる光のカーテンが目の前に広がります。



途中には淡水と海水の層からなるハロックラインがあり、モヤモヤした中を進みます。



下は海水で温かくて気持ちがいい。

ずっと光のカーテンを見ながら進み
光を満喫しました。



自ら上がりますセノーテを眺めながらスタッフお手製のお弁当をいただき昼食にしました。



帰る頃には陽の光が温かくお昼寝したくなりました。

本日はるばるお越しいただき、またイグアナダイバーズをご利用いただきありがとうございました。

以上Muneがお送りいたしました。
 
 


2019/02/18   摩訶不思議セノーテワールド

こんにちは
Muneです!

本日はT様とご一緒にセノーテダイビングを行いました。

今日はカンクンにいく途中の北側のセノーテに行きました。

まずはセノーテサポテへ。



ここは10mを超える飛び込み台があります。
ここからエントリーするわけではありませんよ。

エントリーは狭いものの、中に入ると不思議な構造物が。

ヘルズベルの通称を持ちベル状のものが天井にできています。





バクテリアの影響で成長してこのような形になるようですが、
なんとも本当に不思議な形をしています。



その周りを泳ぎながら写真を撮ったり。

よく見るとベルの縁は結晶のような形をしています。



2本目に備えてしっかり水面休息。

ハンモックでのんびりそよ風が心地よいです。

続いて少し移動したセノーテマラビジャ。

ここも縦穴のセノーテですが、



これまた不思議な形のセノーテです。

入り口は狭いですがその下はドーム状になっていて直径は200m以上!

下には硫化水素があり
スポットライトが上から差し込み、ステージのようになります。



とても神秘的でそれだけと言ってしまえばそうですが、
自然にこれができたと思うと圧巻です。


ダイバーがその光の中を通ると本当にスポットライトを浴びた俳優のようです。



光のタイミングもあるのでフルで光のステージを満喫しました。

2本の自然の摩訶不思議セノーテを満喫したあとは、
手作りとは信じがたいおいしさのスタッフお手製サンドイッチを片手に昼食にしました。



他では見ることのできない自然の摩訶不思議なセノーテを
満喫していただきました。


淡水ダイビングでは世界一の面白さがゴロゴロあるのだなと実感しております。

その面白さをお客様にも体験していただけたのではと思います。

本日ははるばるお越しいただきまして誠にありがとうございました。

以上Muneがお送りしました。
 
 


2019/02/17   ダイビング&シュノーケル!

今日も絶好調のお天気でした。
この前の大雨は何だったんだろう。。。。

どうもタツヤです。

今日はダイビング&シュノーケリングでセノーテ「エデン」&「ドスオホス」に行ってきました。



会社の旅行で参加のI様、S様。

元気ハツラツです。

朝一番のセノーテ「ドスオホス」の光に圧倒されていました。



今日は誰もいなく一番のりです!



1ダイブが終了するころにはたくさんのダイバーとシュノーケラーでにぎわってました。



2本目はセノーテ「カーウッォッシュ」へ。



ここでも太陽がさんさんと降り注いでくれました!

シュノーケルチームはスタッフミユキとジャンプ大会。



ダイビングチームも負けじとダイビング終了後にじゃーんぷ!



ダイビングにシュノーケリング、そして最後にドローンと1日遊びつくしました。

今日の夜もナイトクラブに行く予定の皆様!まだまだたくさん楽しんでください。

 
 


2019/02/17   晴天のセノーテ!

こんにちは
Muneです!

本日は東京からお越しのT様とセノーテダイビング。

まずはPlaya del carmenから約1時間のセノーテアンヘリータ へ。

早朝からだったのですがすでに先客がいました。

しかし臆することなくいざダイブ




30m付近に広がる硫化水素が雲のように見えてダイバーが空を飛んでいるかのようです。



木々が沈んでいて枯れているので少し朽ちている森のようにも思えます。



縦穴ですが広いのでさほど先客のダイバーが目に付かず楽しむことができました。



ウエットスーツのままポイントを移動して続いてセノーテカラベラへ。



ここはオープンエリアの周りをぐるっと一周するポイントで
ここの特徴はなんといってもエントリーとエキジットが変わっていて
エントリーは高さ2mぐらいのところから飛び込みます。
逆にエキジットの時ははしごから登って水から上がります。




水の中は
ハロックラインがはっきりとわかるぐらい見えて
その下はとても透視度が、とても綺麗でずっとむこうまでみえそうです。





2本のセノーテダイビングを楽しんだあとはスタッフ手作りの昼食を頂きました。

今日は1日中天気にも恵まれて
暖かい陽気の中セノーテを満喫できました。

本日ははるばるお越しいただきありがとうございました。

以上Muneでした!
 
 




  松永 達也
メキシコ・プラヤデルカルメン






メキシコ・プラヤデルカルメンでダイビング


«  2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

 ○過去の情報
  2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。