世界各地のダイビングポイント 人気ガイドからの最新現地情報
携帯サイトQRコード
(画像拡大)
携帯URL http://www.hello-azul.jp/m/
 
   
 
メキシコ・プラヤデルカルメン
 
2020/03/25   あれ?ここの公園て人気ないの?いやいや!普段は人で溢れてますよ!無料貸切絶賛開催中!

¡Buenos Dias!
Muneです。

本日はセノーテダイビングを行いました。

周りのセノーテはかなりクローズになっているポイントも多く、
限られたポイントですが、ドスオホス公園は閉めないそうです。
なんとまたしてもピットは貸切。

光はしっかりと差し込み独占状態。
それにしても綺麗すぎる。



一瞬曇ったときは逆に明るさがちょうどよくて全体像がしっかり見えました。
普段は他のダイバーの泡やらライトやらがちょっと気になりますがそれもなし。



そして驚きはドスオホス。
なんとノーゲスト。
駐車場はなんと我々のみ。
こんなとこ普段ではあり得ません。



もちろん水中も貸し切り。
普段はエントランスにダイバーやらシュノーケラーの足がありますがそれもなし。
水も澄んでいて綺麗な光のカーテン。



極め付けはこれ。
人がいないと普段ケーブの奥にいるブランドフィッシュもカバーンエリアに出てきちゃうほど。
やっぱり人がいないと自然は浄化されますね。



本当に人がいなさすぎて怖い今日この頃。
行きも帰りも日曜日かな?と思うほど車も少なく、移動は快適でした。

以上Muneがお送りいたしました。
¡Buen Dia!
 
 


2020/03/23   ほんっっっとにスバラシーーと感動の嵐、嵐。この光の明暗が記憶に焼きつくんだなぁ〜

¡Buenos Dias!
Muneです。

本日はセノーテダイビングを行いました。

今日も天気は絶好調!
そしてセノーテは相変わらずのノーゲスト!
っと言いたいとこですが、それでもお客さんは数組。

なので水中はほぼ貸切。

セノーテタージマハ。
途中のセノーテはも人がおらず水面はキレーに鏡張り。
どっちが下か上かわかりますか?



光もバッチリ。
ずっと眺めてられる景色とはまさにこのこと。
もはやこの世のものですか?



極め付けはこれ。
光のビーーーーム。
真っ暗なところにまっすぐ伸びる光。
ここにきた時には曇ってしまって見えませんでしたが、
念力を送り続けて光を出しました。



最後の最後まで光を存分に楽しむことができました。
こんな時期でセノーテは客足が遠のいてしまっていますがの、
その代わりほぼ貸切セノーテを堪能できました。

以上Muneがお送りいたしました。
¡Buen Dia!
 
 


2020/03/22   やっぱり自然を戻すためには人がいない方がいいのかな〜?なんて悟っちゃう1日だったんですよー。

¡Buenos Dias!
Muneです。

本日はセノーテダイビングを行いました。

今日はに日曜日!
天気は快晴!
とってもあっついです!
車も少なくスムーズ。

途中大炎上したトラックが道端にいましたがそれもよく見るプラヤの日常です。

そんなこんなでセノーテに到着。
ピットはなんとノーゲスト!
車も人っ子一人なく逆に怖くなるほど。

完全貸切状態で光もバッチリ!
最初から最後まで誰も来ることなく独り占め。

こんな絶景を独り占め。



誰も水面にもいないので外の木々まではっきり見える。
普段こんなことあり得ない。



本当に日曜だから?COVID-19?

本当に綺麗すぎて永遠に潜ってられますね。

そしてドスオホスへ。
ここでも車は6台ほど。
普段エントランスはダイバーやらシュノーケラーでごった返して、
おたまじゃくしみたいに水面から足が生えていますが、今日はそれもなし。

視界に人が入らない綺麗な光のカーテンを見れました。



ダイバーが少ないとこんなに水も綺麗なのかと感心してしまうほど。
なんともやるせない気持ちになりました。

明日になったらセノーテも通常に戻ってくれるかな?
ちょっと明日が怖いです。

以上Muneがお送りいたしました。
¡Buen Dia!
 
 


2020/03/22   3月21日海ログ

Hola! RIOです。
今日はリピーターさんとトードフィッシュ&ドラムフィッシュのベイビーたちを撮影しに行ってきました。

1本目はトードフィッシュ。
1匹目のパパのお家を覗くとベイビー確認できず…2匹目のお家では確認できたのでゲストに託し私は付近のパトロール。
10匹程度のトードフィッシュ団地だと思っていましたがよくよく探索するとなんと20匹!
大きいものから小さいものまでたくさん発見できました。
その中の1匹のお宅からさらにベイビーズを発見!



ジャーン!上の写真のパパ、いつもサービス精神旺盛なので写真は撮っていたのですがまさかこの立派なヒレの裏にべべたちが隠れているとは…今まで気がつきませんでした。
観察しているとどんどん出てくるベイビーズ。感激のあまり水中でうれしい悲鳴をあげてしまいました。



2本目はドラムフィッシュ。
今日も1匹消えて1匹増えて…計3匹発見できました。
こちらのお家は広いのでゲストと挟み撃ちで撮影大会。
近づいてきてくれた瞬間を逃さず撮影成功。



今日はこの2種類の魚だけで一喜一憂、濃密な時間を過ごすことができました。
ベイビーたちの成長と新たな発見が楽しみになりました。

Hasta luego
 
 


2020/03/21   あれ?セノーテってこんなに生き物いっぱいだっけ?よく見ると可愛い!ついに生き物王国セノーテ?!

¡Buenos Dias!
Muneです。

本日はセノーテダイビングを行いました。

今日もアンヘリータへ。
縦穴セノーテで何と言っても魅力は硫化水素が雲のように漂っています。

が!しかし!
今日は一味違います。

なんと自ら出る直前に水面にすーっと動く物体が!
そうこの子!



ワニちゃんです!
かなり久しぶりでテンションぶち上げ。
前にいたのとちょっと違う子かな?
一回り小さく見えます。

のそのそと日向ぼっこをするために一生懸命登ってました。



そしてカーウォッシュへ。
ここではハスの葉っぱがとても綺麗なポイント。
そして水草が広がっています。

が!今日は絶好調!
面白い光景に。
それは日陰で休むお魚さん。

最近日差しがつよくなってきたので、日焼け気にしているのかな?
ぴったりハスの葉っぱの間で休憩中に出くわしました。



最後にカラベラへ。
カラベラとは日本語で頭蓋骨を意味します。
その動物の下顎の骨。

しっかり歯も付いています。

が!しかし!
今日のブログはそこを見て欲しいのではありませぬ !
その奥を見てください。



ここにも休憩中のお魚!
ん?動かない。
ああー写真に映り込みたいタイプの子らしいです。
バッチリ横目でこちらを見て撮影会をしました。



普段は地形やら風景メインのセノーテですが、
生き物のふとした瞬間を見ることができるそんなセノーテでした。

以上Muneがお送りいたしました。
¡Buen Dia!
 
 




  松永 達也
メキシコ・プラヤデルカルメン






メキシコ・プラヤデルカルメンでダイビング


«  2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 ○過去の情報
  2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
・・・
過去の情報を全て表示→
   
 
My yahoo!に登録しよう
My Yahoo!に追加
↑ このボタンをクリックすると、あなたのMy YAHOO!に本サイトが追加され、最新の記事や新着情報を読むことが出来ます。
 
その他のRSSリーダー 
その他のRSSリーダーへの登録はこちらから→
 
   
   
 
現地からの最新情報 執筆者紹介 ダイビングツアーご紹介 主宰者について
各種リンク お問い合わせ・ご相談
 
   
 
リンクフリーです。
 
本ホームページ内の写真、文章等々に関する著作権は、株式会社サンアンドアドベンチャー(ツアーブランド:クラブアズール)に帰属します。本ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。